紫外線を制す者は美肌を制す!いまさら聞けないUVケアの話

小梅
守ることは攻めること!
紫外線のリスクは思ったよりも深刻!シミ・シワ・たるみの「光老化」を防いで得られる透明美肌は、紫外線を制したあなただけの勲章。

紫外線は肌老化の大敵!肌老化の原因の約80%が紫外線だといいます。

紫外線の当たりやすい顔と比べて、紫外線には当たらない太ももの内側・お腹・お尻などはシミ一つなく白くキメが整ってキレイだなって思いませんか?年齢を重ねても、この部分は若い人と比べてもさほど変らないくらいで、極端な劣化を感じません。
これ一つとっても、紫外線を浴び続けることのダメージがいかほどか解りますね。

長い期間日光の中の紫外線に当たり続けるのは、肌を劣化させる大きな原因!「光老化」とも言われるものですが、この「光老化」を防ぐには、まず、敵の実態をよく知るところから!
紫外線を制すものは美肌を制す!これが美肌の近道といえそうです。

 

紫外線による光老化の実態とは

 

紫外線の本当の怖さは浴びてすぐ起こる肌の変化ではなく、徐々に蓄積されてくる「光老化」です。
言葉の通り、「光老化」とは、長い期間紫外線に当たり続けることで、顔や首の皮膚にみられるシミ、シワ、たるみなどの変化を指します。紫外線は、肌に最も悪い影響を及ぼす原因となるのです。

ただでさえ、肌の衰えが気になる年齢にさしかかった世代としては、このことを意識しないのはもう致命的ですね。

UV-AとUV-Bの2種類の紫外線の悪影響

UV-Aがもたらす「シワやたるみ」

UV-Aは(生活紫外線)と呼ばれていて、紫外線の中でも波長が長いので表皮を通り越して“真皮層”まで届きます。
これが肌を黒くさせ、弾力やうるおいを奪い、シミ・シワ、肌老化の原因ともなるんです。

この【UVA】は外線の95%を占め、窓ガラスも通り抜けるし、車の中にも侵入!雨や曇りの日でもゼロにならないため、油断できない厄介者です。

“気づいたら日焼けして肌がくすんできた・・”こんな現象もUVAのしわざと言えそうですね。
光老化を防ぐためには、とくにUV-Aを浴びないことが大切です。

UV-Bがもたらす「シミやそばかす」

UV-Bは(レジャー紫外線)と呼ばれていて、UV-Bは波長が短いため真皮層までは到達しませんが、表皮にダメージを与え炎症や日焼けなどの急性反応を引き起こします。また、肌の表皮にあるメラニンの生成を活性化させます。

紫外線を浴びて肌が赤くなるのはこのUVBの影響なんですね。シミ・そばかすを引き起こします。

先手必勝!UVケアは夏から始めたのではもう遅い!

 

UVケアは一年中が理想!ということは、かなり浸透してきてるとは思いますが、それでも、まだまだ冬のぽかぽか日和りや風も心地よい春先などはついつい油断してしまいがちです。

でも、紫外線量は3月から急激に増え始めるんです。うっかり日焼けもこの春先!わたしもよく、やらかしてしまいます。
ですので少なくともこの時期から始めることに意味があるのが日焼け止めです。

油断禁物!雨や曇りでも紫外線は降り注ぐ!

つい油断しがちですが、曇りの日でも、快晴の50~60%、雨の日でも30%前後の紫外線が降り注いでいるそうなんです。
たしかに・・自身の経験で言えば、うっかり日焼けして大失敗したのも曇りの日が多かった。
天候に関係なく、UVケアは必須ですね。

それと合わせて忘れがちなのが家の中にいる時のUVケア。家の窓際だけでなく、車の窓際にもUV-Aが入ってきますので露出する部分の日焼け止めだけでなく、日傘やアームカバーなども併用すると安心ですね。

SPF値、PA値を知って効果的に日焼け止めを使おう

SPF値とは?(UVBを防ぐ値)

商品ごとにそのUVカット効果を測定し、0~50+までの数字で評価されます。
ちなみにSPF50というのは、赤斑が出てくるまでの時間を50倍遅らせることができるという意味です。
たとえばなにも塗らない時に20分で赤斑が出る肌の人が、SPF50の化粧品を塗れば、20分×50=1000分 となるため、1000分間は赤斑が出なくなる位UV-Bから肌を守る働きがあるという意味です。

PA値とは?(UVAを防ぐ値)

PA値はUV-A防御指数とも言われており、+~++++まで4段階に分かれています。これも肌の色素沈着が起こるまでの時間を遅らせることができる数値という意味なので、着けていれば全く日焼けをしないというわけではありません。

PA+ … 効果がある
PA++ … かなり効果がある
PA+++ … 非常に効果がある
PA++++ …防止効果がきわめて高い

SPF・PAの表示はあくまでも目安です。

紫外線に対する感受性や汗・皮脂の状態にも大きく左右されるので着けていれば全く安心というわけではありません。十分な量をしっかりと塗り、こまめに塗り直すことが大切です。

 

The following two tabs change content below.

小梅

年齢にあらがうことなく、かといって諦めず、それなりに綺麗に年齢を重ねていきたい!と自分プロデュース中のアラフィフです! 自分なりのキレイを目指す中での実際体験したケア・使ってみたコスメなど少しでも参考になればと思い、わかりやすい使用写真とともにレビューしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

年齢にあらがうことなく、かといって諦めず、それなりに綺麗に年齢を重ねていきたい!と自分プロデュース中のアラフィフです! 自分なりのキレイを目指す中での実際体験したケア・使ってみたコスメなど少しでも参考になればと思い、わかりやすい使用写真とともにレビューしています。