50代肌悩みもサクッと時短カバー!「アクアアクア オーガニッククッションコンパクト」

小梅
時間がなくても作り込んだようなベースメイクできたら、喜び度120%!!
最近人気のクッションファンデが、技あり的な優れものだと気づいた件!40代・50代の枯渇肌も軽やか&しっとりツヤ肌に仕上げるのがツボでした。

最近人気のクッションファンデーションってご存知!?

クッションスポンジにリキッドファンデーションが染み込んでいる感じの新しいタイプのファンデなんですが、保湿美容液、下地、日焼け止め、ファンデーションを兼ね備えているので、スキンケアのあと、これ一つでサクッとベースメイクできてしまうオールインワンの便利さがウケています。

いろんなメーカーから出ていますが、わたしが使ったのがフレッシュフルーツエキスがぎゅっとつまったオーガニックコスメブランド、
アクア・アクアの「オーガニッククッションコンパクト」です。

スゴイと思ったのは手軽さだけではなく、その戦闘力!乾燥・シミやくすみが気になる肌も自然にカバーしてみずみずしいツヤ肌仕上げ!なのに、あくまでも厚塗り感がなくナチュラルさが意外!

40代・50代の干からび感のある肌には、水分量も多く保湿対策も同時にできるので、肌にも心にも浸みこむかのような満足感がありました。
「写真うつりがだんぜんキレイ!」と評判でもあるのがおすすめポイント!

公式サイト⇒【AQUA・AQUA】オーガニッククッションコンパクト(リフィル)
公式サイト⇒【AQUA・AQUA】オーガニッククッションコンパクトケース

 

アクア・アクア オーガニッククッションコンパクトの特徴

1つで4役のオールインワンファンデーション

 

このクッションコンパクトは化粧下地、美容液、日焼け止め、ファンデーションの4つの機能を兼ね備えています。ですのでスキンケアのあとにこれひとつをさっと塗るだけでベースメイクが完成します。
これは忙しい現代女性にもうってつけ!時間がないときにもササッと時短メイクでキレイなツヤ肌をつくることに価値ありって感じですね。

それに、コンパクトタイプで持ち運びにも便利なので、メイク直しも簡単!それに日焼け止めの塗り直しがしたい!と思うような午後の日差しにも、UV効果もあるこのファンデはお直しと同時に日焼け止めの塗り直しもできてしまう満足感が違います。

天然由来成分でできたクッションファンデーション!

 

アクアアクアのこだわりは、いつでもきれいな肌でいるための“オーガニック&ナチュラル成分”です。それは、このクッションコンパクトもしかりで、フレッシュなフルーツエキスや植物オイルなどの天然由来成分でできています。

そして、この成分の中には、イチゴの王様ともいわれる福岡県産の“あまおう(イチゴ果汁/エモリエント効果)”を贅沢に配合しているのも面白いなと思ったところ!しっかり保湿してくれて、お肌のみずみずしさを演出してくれるだけでなく、抗酸化力も高いため、エイジングケアにも働いてくれるんですよ。

それに、含まれるミネラル成分は乱反射を利用して毛穴レスな肌へと、メイクの効果をアップしてくれるのも◎!ですし、オーガニック認定成分のオリーブオイルやホホバオイルを配合しているのでスキンケア効果も嬉しい!

これらの贅沢に配合されている自然な成分が活きて、下地は使わずとも、これひとつで自然な“うるツヤ肌”に仕上げてくれるんです。

 

全成分:水、炭酸ジカプリリル、トリエチルヘキサノイン、BG、シリカ、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、マイカ、イチゴ果汁、ホホバ種子油、オリーブ果実油、グリチルレチン酸ステアリル、デキストリン、トコフェロール、ジステアルジモニウムヘクトライト、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ココイルアルギニンエチルPCA、クエン酸Na、ステアリン酸、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al

シリコンフリーなので石けんでOFFできる

ノンシリコーンなので軽いつけ心地も軽いです。
べたつかず、サラッとした使い心地にもつながるので、フトレスフリーで気持ちよく使えるのもポイント高いところです。

ノンシリコーンなので、石けんで簡単にメイクオフできるのも嬉しいですね。クレンジングもいらず、その分はだに余計な負担もかけないのでお肌もよろこぶ処方です。

【SPF35 PA+++】と一年中の紫外線対策も万全

【SPF35 PA+++】で紫外線もしっかり防いでくれます!
朝のベースメイクだけでなく、メイク直しと同時に日焼け止めの塗り直しも一緒にできるところも便利です。

アクア・アクア オーガニッククッションコンパクトの使い方・使用感

 

わたしが使ってみたのはピンクベージュです。
【ケース】【リフィル、パフ付き】

 

 

明るめのピンクオークルで、くすみやすい秋の肌を
血色よくトーンアップしてくれます。

 

 

 

まずは、付属のパフにファンデをしみ込ませて、おでこ、頬、アゴなど、広い部分から順番にスタンプを押すような感覚でポンポンとやさしくタッピングしながらつけていきます。

クッションファンデって、最初、ベトッとつきそうでそのつけ加減が難しいのかなと思ったものですが、これには、高級湿式ウレタンパフにも秘密があるようでキメの細かいパフで均一に塗布できるため意外や、ムラなく自然に仕上がるんですよ。

 

 

大まかに顔全体に広げたら、額の生え際、顎や首との境目なども丁寧にポンポンと押さえ馴染ませて仕上げます。

このリキッドファンデを染み込ませ無造作にトントンしても、均一にムラなくつくから不器用さんでも失敗なしって感じ。重ねても厚塗り感がでないのもいいと思います。

ポイントとしては、塗る前に、肌を基礎化粧品で整え、うるおった状態の肌に使用することをおすすめ。なめらかで、よりきれいなツヤ肌に仕上がりますよ。

 

 

水分が多く含まれていることもあったので、ベタつきとかも気になりましたが、これが思いのほかサラッとしたテクスチャーでした。

ですので、リキッドタイプではありますが、さらっとした使い心地で重くなく軽やかに仕上がるんです。そのうえ、カバー力も高めです。

ムラなく塗れて毛穴もサクッと目立たなくしてくれるし、なめらかな質感がよくて、わたしなりの“うるツヤ肌”に仕上がります。

ナチュラルではあるんですがカバー力もしっかりあって、シミや毛穴、赤み、くすみなど自然に隠してくれる感じでもあります。。

ほどよく艶肌な仕上がりなので、そのままでも大丈夫ではありますが、少しツヤ感を抑えたいときには、クッションファンデの上からパウダーをはたくことをおすすめ。

わたしの場合は、ブラシでお粉をフワッとのせて仕上げています。これで、より薄付きな感じのナチュラルさが演出できる感じですね。

コンシーラーとかで特別にカバーしたい部分があるときは、クッションファンデのまえに塗って、その上からクッションファンデーションを薄く塗り感じがいいです。

顔色をカバーしたいときのBBやCCファンデも同じ手順がいいですね。
そうすれば、クッションファンデのツヤ感を活かしつつ、カバーメイクができると思います。

お化粧直しは、余分な皮脂をティッシュなどで押さえてからやると、よりキレイにお直しできますよ。

肌悩みもナチュラルカバー!お手頃価格のノンケミファンデ

 

「オーガニッククッションコンパクト」は、だれでも簡単に作り込んだようなベースメイクができるクッションファンデ。メイクしながら保湿対策もでき、みずみずしいし、質感もよく艶肌に仕上がるので、思ったよりもナチュラルで若々しいベースメイクができるのを実感しました。

その日のスタイルに合わせて、仕上がりの質感なども調整することもできるので、オールマイティーで使いやすいお役立ちファンデです。

これ一つで、美容液、下地、日焼け止め、ファンデと多機能なのと
クレンジング不要なのを考えるとお値段も、かなりリーズナブルに思えます。

手軽にオーガニックファンデを試してみたい方にもおすすめです。

公式サイト⇒【AQUA・AQUA】オーガニッククッションコンパクト(リフィル)
公式サイト⇒【AQUA・AQUA】オーガニッククッションコンパクトケース

 

The following two tabs change content below.

小梅

年齢にあらがうことなく、かといって諦めず、それなりに綺麗に年齢を重ねていきたい!と自分プロデュース中のアラフィフです! 自分なりのキレイを目指す中での実際体験したケア・使ってみたコスメなど少しでも参考になればと思い、わかりやすい使用写真とともにレビューしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

年齢にあらがうことなく、かといって諦めず、それなりに綺麗に年齢を重ねていきたい!と自分プロデュース中のアラフィフです! 自分なりのキレイを目指す中での実際体験したケア・使ってみたコスメなど少しでも参考になればと思い、わかりやすい使用写真とともにレビューしています。